So-net無料ブログ作成

猫のいる日々/大佛次郎 [お気に入り猫作品]

140107_大佛.jpg

この時代の猫好き文士の猫エッセイや小説って、
どこか冷たくて、あくまでも動物扱いの傾向があるんだけど、
この人の猫好きは桁違いで、毎日猫三昧、メロメロです。
そんな人の猫にまつわるエッセイと小説、童話だけを集めた
文庫ですから、どこを読んでも顔がほころびます。

当時の猫は3〜5年くらいしか生きなかったようで、
生涯に500匹くらい猫を飼ったと言う大佛次郎。
鎌倉に家が残っていて、
お向かいの別邸は週末茶房になっているんだけど、
多くの猫はこの2軒の家の庭に埋められたらしい。
と聞くとちょっと怖い気もするけれど、
大切にされた猫たちがたくさん眠っているわけだから、
きっと楽しい庭に違いない。
近いうちに行ってみたいと思ってます。




人気ブログランキングへ
nice!(107)  コメント(12) 
共通テーマ:ペット

nice! 107

コメント 12

ちこっと

おお。この本面白いっすよね。
鎌倉におうちが残ってるのかーいつか見てみたいな。
前にhisaさんが紹介していた ポール・ギャリコのジェニィを読んだけど、
古沢 安二郎さんの訳がどうも古くて合わなくて三分の一読んで諦めちゃった。
けど、 ポール・ギャリコの猫語の教科書がとっても面白かった。
りるさんにそれを紹介したら、すでに読んだあとで、りるさんも面白かったそうですー。
hisaさん。ポール・ギャリコを紹介してくれてありがとう。
今気が付いたけど、ジェニィの新訳が出てた。
さすらいのジェニー 矢川 澄子 (翻訳)こっちを読んでみます。
by ちこっと (2014-01-07 01:00) 

フサヲ

どんな日々なんでしょう・・・ ( ̄  ̄ )゛
ちょっと考えるだけで、ワクワクしてきます (^ ^人)
by フサヲ (2014-01-07 05:51) 

順子

猫500はすごい!と言っても2ー3年の命か、、、。
人の命寿命が伸びたけど他の生き物の寿命も伸びたのか、、、考えてみてれば納得。でも、こんなにいたら名前とかどうしたのだろう?
なんか、お庭も気になりますねー。

by 順子 (2014-01-07 06:42) 

hanamura

この本ウチにもあります。
by hanamura (2014-01-07 06:49) 

夏炉冬扇

お早うございます。
ちょっと見、お年玉かと…
by 夏炉冬扇 (2014-01-07 07:49) 

のの

何かで見た、
ずらりと並んだお皿で一斉にご飯食べる猫を
うっとりと見つめる大佛次郎の写真が印象的でした。
鎌倉におうちがあるんですね。港の見える丘公園しか
知りませんでした。私も行ってみたいです。
by のの (2014-01-07 09:39) 

ponnta1351

そのお庭のレポが楽しみで~す♪
by ponnta1351 (2014-01-07 12:25) 

あーる

おお、意外と読んでないかも。借りようっと。
学生時代まで「だいぶつじろう」とお決まりの間違いをしていました。
内田百閒とかもメロメロですよね。
by あーる (2014-01-07 12:29) 

あこ♪

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
ドラムくん、体調落ち着いているようでよかったです^^
by あこ♪ (2014-01-07 14:30) 

マキ

お〜。読む〜。
by マキ (2014-01-07 23:11) 

ちゅんちゅんちゅん

おはようございます!
読んでみようと思います✿
我が家の庭にも
にゃんこが眠っています。
by ちゅんちゅんちゅん (2014-01-08 07:54) 

ヤヨ

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い申し上げます^^
初めて知る本でした。
猫めろめろの本は「わかる~」や「あるある」がいっぱいでしょうね。
by ヤヨ (2014-01-10 14:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。