So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラゴンへの道 [お気に入り猫作品]

140711_ドラゴンへの道の猫.jpg

テレビを点けたら偶然「ドラゴンへの道」をやってたから何気なく観ていたら、
クライマックスの格闘シーンで野良の子猫が出て来ました。
ボロボロの子猫なんだけど、立会人のような存在で描かれていて、
この子の鳴き声を合図に闘いが始まったりします。
「猫の出る映画」リストに加えるほどではないけれど、
たぶんブルース・リーの動きを猫になぞらえるために
その辺にいた猫を使ったのであろうそのボロボロ加減が
妙にリアルで切なくてかわいらしくて、気に入ってしまいました。

中学のころ夢中になったブルース・リー。
ビニール管でヌンチャクを作って練習しました。
香港で撮ったカンフー映画はたった5本。しかも
1本は未完成で、生前に公開された作品は3本だけ。
子役で出たアメリカ映画やテレビドラマのほうが多いのに、
それでもぼくたちの世代の男子にとっては伝説のカンフースターです。
映画自体はストーリーも演出もユルユルなんだけど、
ブルース・リーはいま観てもかっこいい。
大学で哲学を学んでいたっていうのもグッとくるし。
享年33歳。息子も若くして怪死しました。
生きてたらどんな映画を撮ったんだろう。
ジャッキー・チェンと共演しただろうなあ。
アチョー!

140711_チャックノリス.jpg

ラストシーンの闘いの相手はチャック・ノリス。





人気ブログランキングへ
nice!(63)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット

nice! 63

コメント 6

夏炉冬扇

お早うございます。
映画は、最後までなかなか見ない年齢となりまして…
by 夏炉冬扇 (2014-07-11 07:48) 

順子

こんな猫ちゃんが写っていたとは知りませんでした!
ヌンチャク、憧れました。
格闘シーンは、大人になって観た方が驚きました。とにかく、確かに凄いです。
by 順子 (2014-07-12 01:42) 

島猫

小学生なのに3回見に行きましたよ!それぐらい僕にとっては衝撃的でした。
猫もよく覚えています。
日本人役のサムライの「おまいはタン・ロンか?」と日本語で言ったのが
面白くて笑っちゃいました^^
by 島猫 (2014-07-12 13:12) 

hanamura

彼は、私の父母と(生年的に)同級生です、今の関係悪化どころか、日中が戦争していた頃に生まれた彼が、日本のことを「何」と考えていたかは、理解できます。
by hanamura (2014-07-12 21:01) 

ちゅんちゅんちゅん

おはようございます!
子猫が出ていたなんて・・・知りませんでした☆
リーの息子さんの「カラス」映画も大好きです~(^^)
by ちゅんちゅんちゅん (2014-07-13 08:11) 

あーる

子猫のシーンは、忘れていましたね。
ドラゴンへの道は、スープばっかり頼んで腹を下すシーンを妙によく覚えていますが。
by あーる (2014-07-17 12:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。